会社案内

胡蝶蘭ギフト専門の大澤洋蘭園について詳しく知りたい方は、ぜひこちらをご覧ください。

創業40年 胡蝶蘭専門農家ならではのこだわり

社員一同

大澤洋蘭園は1970年代より胡蝶蘭の栽培をスタートし、当時まだ珍しかった「ギフト用胡蝶蘭」の先駆者として、その開発に力を入れて参りました。

設備外観

当社からお届けしている胡蝶蘭は、 業界トップクラスの良質な苗 を、こだわり抜いて育て上げた絶対の自信作。

胡蝶蘭の形を美しく整える「仕立て」と呼ばれる作業から、ラッピングや梱包作業にいたるまで長年のノウハウを活かし、お客様やお取引先様から絶大な支持をいただいております。

厳選された苗

ハウス内の様子

現在、日本国内で流通している胡蝶蘭の大半は、海外から輸入した苗を使った「リレー栽培」という生産方法で育てられています。

大澤洋蘭園では 苗の輸入元である台湾の農場をめぐり、実際の生産過程や開花の状態を目で見て確かめることによって、高品質なAクラスの苗を仕入れることが可能となっております。

手間を惜しまない

胡蝶蘭を育てる様子

胡蝶蘭の生産現場において「同じ苗なら、誰が栽培しても同じように育つ」という考え方は、決してあり得ません。

大澤洋蘭園では、 すべての苗を毎日欠かさずチェックし、最適な水やり頻度、温度、湿度、日光量で管理しています。
数値だけでは表せない最適な条件で管理することができるのは、創業40年という長年の経験があるからこそ。

手間をかけることを惜しまない丁寧な姿勢が、胡蝶蘭の仕上がりの美しさや花持ちのよさに繋がっています。

大輪の胡蝶蘭

適切な間隔を取って栽培することで、胡蝶蘭にストレスを与えず、良質な花を咲かせることが可能です。

並んだ胡蝶蘭

1鉢1鉢丹念に仕立て上げます。大輪は全て3本の支柱で茎を固定し、運送時に揺れるのを最小限にします。

胡蝶蘭の仕立て

当園のこだわりは最後のラッピングまで丁寧におこなうこと。箱から取り出す際にラッピングがずれたり緩んだりしないよう念入りに仕上げます。

胡蝶蘭のラッピング

お届けの際は、配送時に胡蝶蘭が傷つかないよう丁寧に和紙などで保護しています。都内配送では、自社便による手持ち配送もおこなっております。

出荷前の胡蝶蘭

「想い」を届ける

心を込めたラッピング

日々数多くのご注文をいただく中で当社が第一に心がけているのが、 ひとつひとつのご注文に込められたお客様それぞれの「想い」にこたえる ことです。

「お誕生日」「長寿のお祝い」「開店祝い」「お供え」など…。送り主様の「想い」を100パーセント以上お伝えするために。心のこもったメッセージカードや立札をお作りし、ラッピングから梱包まで丁寧に心を込めて行います。

並んだ胡蝶蘭

温室には出荷待ちのお花がびっしりと並んでいます。大澤洋蘭園では美しさだけではなく、送った側と受け取った側、双方のお客様にご満足いただけるような胡蝶蘭をお選びしております。

ラッピングされた胡蝶蘭

個人様へお届けする際は、一輪ずつ開いていく様子も楽しめるよう、つぼみが多めの胡蝶蘭を。企業様や店舗様へお届けする際は、箱から出した時に驚かれるくらい大輪の胡蝶蘭を。

当店が、お客様のお気持ちになって胡蝶蘭を選定いたします。もし、ご注文前にご不安なことやご希望などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

会社概要

  • ■ 会社名 : 有限会社 大澤洋蘭園
  • ■ 業務内容 : ギフト用胡蝶蘭の生産、小売、卸し
  • ■ 代表 : 代表取締役 社長 大澤 仁
  • ■ 設立 : 1986 年 1 月 24 日
  • ■ 資本金 : 300 万円
  • ■ 従業員数 : 16 名
  • ■ 主要取引銀行 : みずほ銀行

会社所在地

営業時間、お問い合わせ方法については下記ボタンよりご確認いただけます。